会社情報

設立趣旨

安心安全で美味しい日本の農産品を、世界へ展開する

日本の米、果物、野菜、畜産品、加工食品の味や品質は、世界中で高い評価を受けており、高値で取引されています。

その美味しさに魅了された消費者からの需要は高いものの、小ロットで多品種を生産している日本の農業システムの事情から、海外へ流通する量が少なく、取引する各国のバイヤーからは安定的な量の確保が難しいという嘆きの声も聞かれます。

これまで、日本の生鮮食料品を取扱いたいと思っても、日本まで買付けに行き、個々の生産者と商談をして、契約、仕入を自ら行わねばならず、検疫、通関、冷凍冷蔵での配送までの手続きを考えると、とても手間とコストがかかり、もう一歩ビジネスとしては踏み出せないでいる企業が少なくありません。

日本農水産食品輸出貿易センター(略称:JFITセンター)は、これまで日本の生鮮食料品を商うのに躊躇していた海外バイヤーの悩みを解消し、日本の生鮮食品、畜産品や加工食品の取引を容易なものにするために創設されました。

会社概要

社名
株式会社 日本農水産食品輸出貿易センター
Japanese Food International Trade Center Co.,Ltd.
所在地
〒105-0001
東京都港区虎ノ門5-8-6 アミタビル8F
電話番号
050-3816-5070
会社創立日
2014年11月7日
資本金
3,400万円
取引銀行
みずほ銀行

役員一覧

代表取締役社長CEO
略歴昼間 祐治
取締役副社長COO
略歴善養寺幸子
取 締 役
略歴加藤 恵子
執行役員
略歴松下 丹恵
執行役員CFM
略歴李 和翼
監 査 役
小野沢 透
株式会社中部新都市サービス代表取締役社長
株式会社URリンケージ中部支社 特別参与
顧   問
隈部 兼作
株式会社 ロシア・ユーラシア政治経済ビジネス研究所 代表取締役
後藤 貴昌
サステナブル経営研究所 所長
幸田 雅治
紀尾井町法律事務所 弁護士(第二東京弁護士会)